原田マハ著「キネマの神様」

絵画に関する小説が多いマハさんですが、こちらは映画のお話です。

原田マハ著「キネマの神様」、今回のおすすめ本です。

言ってしまえば、無職で39歳独身の娘と、ギャンブルばかりして借金を抱えるダメダメな父親の物語です。

でもそんな娘が映画雑誌の編集部に採用され、またひょんなことから父も自分の大好きな映画のブログをスタートさせることに。

誰にも負けない映画愛を持つこの父親のブログに、ある日「映画の神様」が接触してきます。

どうしようもないこの親子に、やがて訪れる奇跡とは!?

とかく映画愛に溢れた作品です。

映画館に足を踏み入れた時のあのヒンヤリした肌感や、薄暗い中で胸に抱くワクワク感、ポップコーンやジュースのちょっと甘ったるい匂い…そんなものが手にとるように感じられます。

文体もリズムよく軽快!マハさんらしい、優しい文章で終始つづられます。

絵画だけでなく、映画に関しても知識の深いマハさんにただただ脱帽!

もちろんこのご時世、映画を映画館で観る人ばかりではないでしょう。

でも昨年も何回か映画館に足を運びましたが、私が感じるにいつも映画館は人でいっぱい!

カップルやら家族やらおひとり様やら…やっぱり映画は映画館で観たい!という方は、

まだまだいるように思います。

(昔よりチケット買いやすくなったしね!必ず席を確保して行けるっていうのはありがたい。昔は立ち見とか、最悪劇場の階段に座って観たもんな~)

うちの息子さんも、最近は一人で映画館に行ってる(笑)

一人でしみじみ観るのもなかなかよいものです。(評価が仲間でわれてもイヤだしね)

こんなセリフが作品の中に登場します。

「DVDで観ればいいや、と思われるような映画を作りたい映画人がいるものか。」

人が好きなものはそれぞれ。

でも自分の人生を振り返ったとき、いくつかの思い出せる映画、そして映画館がある、そんな生き方がいいな、と思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly